収蔵品紹介 COLLECTION

隷書漢銅鏡銘軸れいしょかんどうきょうめいじく

作者
翟雲升(4A-4214)
作品名
隷書漢銅鏡銘軸
寸法
93.0×44.5cm
制作年
清時代後期
釈文
青盖作鏡自有紀辟 除不祥宜吉市長保 二親利孫子為吏高 官寿命镹 文泉翟雲升

翟雲升(1776~1858)は字を舜堂といい、文泉と号した。山東東莱の人。道光二年(1822)の進士。金石・古文字学に精しく、書法を善くした。 本作は、漢代の銅鏡の銘文をアレンジしたものであろう。内容は「不幸を遠ざけ、商売繁盛、両親が長く元気で、子孫が繁栄し、みな高位高官に就いて、長生きするように」というもの。現世の幸福を素直に追求する吉祥の文句である。