収蔵品紹介 COLLECTION

和歌短冊「くらゐ山」わかたんざく くらいやま

作者
野村望東(日-書-102)
作品名
和歌短冊「くらゐ山」
寸法
35.8×5.9cm
制作年
幕末期
釈文
くらゐ山こがねの花のしをりして のぼらばみねもまちかゝらまし 望東

野村望東尼(1806~1867)は、幕末の歌人で、福岡藩士・野村清貫の妻。高杉晋作ら幕末の勤皇志士を匿ったことで知られる。「くらゐ山」とは岐阜県に所在する山で、その名前から高位高官を意味する。黄金の花を枝折りして帰路の目印にしつつその山に登れば、頂上もまもなく見えてくるだろう、という内容の和歌は、何とも豪快である。