展覧会 EXIBITION

館蔵品による2つの展覧会 Ⅲ「中国書画」&「古典を伝える教科書」開催中

会  期
平成29年11月25日(土)~平成30年1月21日(日)
会  場
本館5階・4階展示室
休 館 日
月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/27~1/3)
開館時間
9:30~17:00(入館は16:00)
入 場 料
一般;500円、学生・高校生;300円、中学生以下無料

「中国書画」
館所蔵の中国書画コレクションから、新春を祝う梅花、平成30年の干支にちなみ戌(いぬ)の絵画を中心とした展示。
「古典を伝える教科書」
館所蔵の和本・教科書コレクションからの第四弾。
明治・大正時代の国語・修身(道徳)の教科書には教育的観点から、「古典」を教材とするものが多くあります。
教科書に見える「古典」は教育上様々な役割を担っていますが、どのような種類の古典が読まれ、いかなる影響を与えたのでしょうか・・・。
観峰コレクションならではの展覧会をお楽しみください。
【はじめに】
皆さんも、学校で古典を学ばれたと思います。古典は「難しい」と思う一方で、歴史に思いを馳せたり、昔の人びとの教えに学ぶ機会が多いのも事実です。本展では、記紀神話から平安・鎌倉文学、軍記物語、歴史物語、江戸・明治の読本まで、教科書を通して古典にふれていただく試みです。教科書に親しんでもらうための、著者・編者の工夫にも目を配ってみてください。
さまざまな教科書の中の古典から、共感できる考え方、日々の生活の活力になるような先人たちの教えを、自由に選び取ってお持ち帰りいただけましたら幸いです。
平成29年度 本館4階平常展示「古典を伝える教科書」出品リスト

主な展示作品 主な展示作品のご紹介です。

関連するイベント ギャラリートーク・講座など関連するイベントのご紹介です。