展覧会 EXIBITION

アイコン

冬季企画展「平山郁夫ー引き寄せられた中国書画ー」

会期2019年2月1日(金)~3月21日(木・祝)

【ご挨拶】 日本画家で文化勲章受章者の平山郁夫(1930~2009)は、1968(昭和43)年より以後40年の間に中国・シルクロードを旅し多くの名作を遺すとともに、後半生を、地球上の貴重な文化遺産・文化財の保護修復活動に […]

アイコン

五個荘地区博物館共催事業「商家に伝わるひな人形めぐり」

会期2019年2月1日(金)~3月21日(水・祝)

当館では昭和時代中頃の御殿雛飾りを展示いたします。 3月3日(日)午後1時30分からは上岸芳子さんによります「キーボードの弾き語り」をお楽しみ頂きます♪

アイコン

本館4階展示室「海外の知識を求めてー英語・世界史の教科書ー」

会期11月24日(土)~2019年1月20日(日)

【はじめに】 観峰館では毎年、教科書のコレクション展を開催しています。本年は、「英語」と「世界史」の教科書が主役です。 2018年は、明治維新150年の節目の年です。幕末の「鎖国」の終焉以降、海外との公益が盛んとなり、欧 […]

アイコン

冬季展切り絵作家・奥居匡 動物たちのひな祭り

会期2019年2月1日(金)~3月21日(木・祝)

☆関連イベント☆ 「切り絵ワークショップ」 2月24日(日) 午前の部  10:00~11:30 午後の部  14:00~15:30 参加費;500円(別途入館料が必要です) 定 員;20名(要予約)小学生の方でも参加で […]

アイコン

秋季特別企画展「雪野山古墳の全貌」

会期平成30年9月22日(土)~11月18日(日)

雪野山古墳は、古墳時代前期(4世紀初頭)の全長70mの前方後円墳で、ヤマト政権と結びつきのある有力者の存在を示す、近江を代表する古墳です。 平成元年に未盗掘の状態で見つかり、三角縁神獣鏡を初めとする豊富な副葬品が完全な状 […]

アイコン

本館展示室「館蔵中国書画」 「書物に寄せる詞(ことば)」

会期平成30年9月22日(土)~11月18日(日)

本館5階展示室 「館蔵中国書画ー古典文学を題材とした作品ー」   本館4階展示室 「書物に寄せる詞(ことば)―出版物における『題辞(だいじ)』の書―」 「楽此不疲(これを楽しめば、疲れず)」…これは、『鶴翁印譜』の中の園 […]

アイコン

H30年度 春季企画展「点は墜石のごとくー顔真卿(がんしんけい)書法とその継承者たちー」

会期平成30年4月14日(土)~6月24日(日)

中国書法史において唐の四大家に数えられる顔真卿(七〇九―七八五)は、力強い独特な楷書を創出するとともに、行書や草書でも数々の傑作を残し、それまで絶対的存在であった王羲之(おうぎし)書風に一石を投じました。 そのため彼の書 […]

アイコン

本館展示室「歴史を伝えた人々」ー金石家の書画ー・ー江戸明治の学術書からー

会期平成30年4月14日(土)~6月24日(日)

5階(中国書画);金石家の書画 4階(和本・教科書);江戸・明治の学術書から 【ごあいさつ】 当館にある和本・教科書コレクションは、創立者である原田観峰が収集したものを、学芸員を中心とする多くの関係者の尽力により、守り伝 […]

アイコン

夏季企画展「 創立65周年記念 原田観峰の書 観峰ー瞬間(とき)の息吹ー」

会期平成30年7月7日(土)~9月9日(日)

「書の文化にふれる博物館」観峰館を運営する公益財団法人 日本習字教育財団は習字の通信教育事業を展開して、本年で創立65周年となります。 これを記念して、創立者・原田観峰の作品展を開催します。 観峰は『正しい美しい愛の習字 […]

アイコン

本館展示室「館蔵中国絵画ー山水小品ー」 「コレクション展ー硯Ⅱ-」

会期平成30年7月7日(土)~9月9日(日)

「コレクション展―硯Ⅱ―」(本館4階展示室) 「文房四宝」の一つである硯は、文人たちにとって身近な存在であり、実用品であるとともに鑑賞用として人びとに愛されました。現在では石硯が広く用いられており、端渓硯(たんけいけん) […]

アイコン

冬季企画展「近江仏画めぐり」

会期平成30年2月1日(木)~3月21日(水・祝)

滋賀県は、古くから仏教文化の栄えた歴史的風土を持つ地域です。観峰館の在る東近江地域にも、大本山・永源寺を中心とする禅宗寺院が点在する他、聖徳太子の開基伝承をもつ石馬寺や観音正寺、他宗派の寺院があります。京都との程良い距離 […]

1 / 512345