体験教室

石碑採拓体験体験教室の様子

復元石碑に紙を貼り付けて、直接拓本を採ることができます。美しい文字を写しとる拓本を、ぜひ体験してください。
※天候の都合で実施できない場合もあります。詳しくは電話でお問い合わせ下さい。

「拓本」(たくほん)とは?

何が書いてなるのかな?拓本とは、石碑などに刻まれた文字を原寸のまま紙に転写したもので、印刷技術がなかった時代の印刷術の祖先といえるものです。
拓本の技法が中国でいつから行われたか分かっていませんが、隋(589~618)の「経籍志」(けいせきし)という図書の目録に秦始皇帝の刻石などが拓本の形で所蔵されていた記載があることから、5世紀ごろにはこの技術は完成していたと考えられています。

  • 瓦当拓本体験 & 石碑採拓体験 体験教室 受付中
  • WEBクーポン プレゼント WEB限定の割引券・プレゼントのご応募はこちらから