お知らせ NEWS

「中国の暮らし歳時記」

2018年02月04日

書院展示室では、日本画家 玉舎春輝(たまや しゅんき)が、描いた作品を12点紹介しています。

春輝が大正10年と13年に中国を訪れた際に、中国東部の風景や、人々の営みを描いたものです。

現在の中国の目覚ましい発展から、春輝が描いた作品は往事を知る貴重な史料ともいえます。

庭を囲み回廊になった書院展示室…お庭も楽しみながらご覧ください。