展覧会 EXIBITION

常設展示では、本館入り口に原田観峰の肉筆作品、本館1階に「紀泰山銘(きたいざんめい)」の大型拓本と清朝皇帝の離宮内部を精巧に復元した大迫力の「避暑山荘 澹泊敬誠殿(ひしょさんそう たんぱくけいせいでん)」、企画展示棟との間には、中国西安市の碑林(ひりん)博物館に製作依頼した書道史上重要な復元石碑8基があります。4階では和本・教科書を通して日本の書道教育の変遷を紹介。3階では書の歴史を解説。展示室1の一角に乾隆帝の書斎「三希堂」を復元し、また展示室2では、西洋家具やクラシックカーを展示しています。迫力ある施設と豊富な資料で書の文化に触れてみてください。

圧倒的大きさを誇る「紀泰山銘」「石台孝経」の拓本を展示 本館1階展示室

  • jyousetu_photo02
  • jyousetu_photo03

本館1階の展示室入り口では、堆朱(ついしゅ)の獅子とともに、清朝第四代皇帝康熙帝(こうきてい)の書による「避暑山荘(ひしょさんそう)」の扁額、そして端渓(たんけい)の大型硯が出迎え、大型拓本展示コーナーでは、当館でも圧倒的大きさを誇る「紀泰山銘(きたいざんめい)」「石台孝経(せきだいこうきょう)」の拓本と、現代を代表する画家である董寿平(とうじゅへい)氏の大作「老松図(ろうしょうず)」を展示しています。

また、「石鼓(せっこ)」の実物大複製もご覧になれます。

各所に配置された中国の家具や置物が中国の雰囲気を感じさせる展示室となっています。

主な展示品のご紹介

現在準備中です




ワンポイント知識

館内に3つの世界遺産を復元

世界遺産の清朝皇帝の離宮内部を精巧に復元 避暑山荘 澹泊敬誠殿

  • jyousetu_photo08
  • jyousetu_photo09

避暑山荘は、大きく宮殿区と苑景区の地域に分かれ、宮殿区の正宮として中心的役割を果たすところが「澹泊敬誠殿」です。

「澹泊敬誠」とは、私心を去り誠を尊ぶ中国の伝統的政治理念です。

康熙帝の時に建てられた澹泊敬誠殿は、その後、乾隆帝の代になって楠を主用材に立て直されたため、「楠木殿」とも呼ばれています。ここでは各種の行事が挙行され、王侯大臣や各民族の長、外国使節との謁見にも使われました。

殿内中央の高台には玉座があり、卍字・寿字・蝙蝠などの吉祥図柄が、天井板・戸扉・腰板など各所に精密に彫刻されています。

全体の印象としては重厚且つ優雅で清時代を代表する建築美術といえます。



世界遺産の清朝皇帝の離宮内部を精巧に復元 復元石碑

  • jyousetu_photo10
  • jyousetu_photo11

中国・西安碑林博物館の全面的な協力のもと、原寸大で復元した書道史上重要な石碑8基(曹全碑、真草千字文、皇甫誕碑、孔子廟堂碑、集王聖教序、九成宮醴泉銘、玄秘塔碑、顔氏家廟碑)を展示しています。

美しい文字が刻まれた大型石碑の迫力を感じていただき、石刻文字への興味を深めてください。

ここでは採拓体験も出来ます。詳細は「体験教室」をご覧ください。

主な展示品のご紹介

現在準備中です




紫禁城(現故宮博物院)の養心殿内にある広さわずか一坪程の乾隆帝の書斎 三希堂

  • jyousetu_photo20
  • jyousetu_photo21

三希堂は、紫禁城(現;故宮博物院)の養心殿内にある広さわずか一坪程の乾隆帝の書斎です。

その名の由来は、王羲之の「快雪時晴帖」、王献之の「中秋帖」、王珣の「伯遠帖」という、世に稀な名蹟三点を得たことによります。

また、「希賢、希聖、希天」、つまり賢者たるを望み、成人たるを望み、天人たるを望む、という意味も込めていたとされます。

室内は段差をつけて上段と下段に分かれ、上段には座椅子があり、その頭上には乾隆帝直筆の「三希堂」の額があります。

床は、床下に火気をおくる床暖房で、中央に紫壇でできた座卓が置かれ、卓上には文房具がそろえてあります。

壁には大きな鏡がはめこまれ小さな部屋に奥行がでて、狭さを感じさせません。

ワンポイント知識

乾隆帝(1711~1799)

姓は愛心覚羅、諱は弘暦、廟号は高宗。清第6代皇帝(在位1735~1795)。在世時の元号である乾隆をとって乾隆帝と呼ばれます。
10回の遠征で領土は最も拡張し、清朝の絶頂期を迎えました。豊かな経済力を背景に伝統的な文物を収集し、膨大なコレクションを残した人物です。

西洋家具やオルゴール、民俗資料を展示します 西洋アンティーク室

  • jyousetu_photo24
  • jyousetu_photo25

展示室1に併設された展示室2は、貴重なアンティークオルゴール、クラシックカー、スクウェアピアノ、フランス・ロココ調の家具、世界地図などに囲まれた空間です。
毎年9月に開催されるオルゴール鑑賞会や、12月のジャズコンサートなど、音楽イベントの会場としても利用されます。

主な展示品のご紹介

現在準備中です




11,000冊の江戸時代から明治・大正・昭和時代の書道教育資料を収蔵 和本・教科書展示室

【ごあいさつ】
善悪因果004
観峰館では、当館の和本・教科書コレクションを、様々な企画で展示公開してきました。平成二十九年度の平常展示では、四種類のテーマを掲げた展覧会を開催します。
第一弾は、「仏教図会」をテーマに、江戸時代から明治時代の仏教書を取り上げます。仏教書はこれまで展示する機会はほとんどありませんでした。というのも、「難しい」というイメージがあったからです。そこで切り口として、まず仏教書の挿絵に注目してみたところ、さまざまな図会が見付かりました。「名所図会」の類からはじまり、経典の解説や、肉筆の仏画を参考にしたと思われるものまで、仏教書にはさまざまな図会が描かれているのです。また図会には、浮世絵師を中心とする著名な画家が関わっていることも分かりました。
本展は、宗派を問わず、日本各地から収集された当館コレクションならではの展覧会です。ユーモラスでありながら奥が深い、そんな仏教図会の数々をたっぷりご覧あれ。
平成29年度平常展示「和本・教科書コレクションー仏教図会ー」出品リスト
【逸品紹介】
No1~5「西国三十三所 観音霊場記図会」(厚誉春鶯/旧述、辻本基定/撰、弘化2年・1845)
西国三十三箇所 参詣風景
著名な西国三十三所の観音霊場について、挿絵入りでまとめた挿絵入り本。冒頭には、各霊場の本尊が描かれており、このような仏教図会の版本は、当館の和本・教科書コレクションに豊富に含まれる。著者の厚誉春鶯は、『西国 順礼歌諺註』(No6)の著述でも知られ、両書が、近畿地方の観音信仰霊場である、西国三十三所巡礼を広めたといっても過言ではないだろう。画は、京都の島田雅喬(桃嶺)が描いている。

No33「和解 法華十王讃嘆絵鈔 平かな付(全)」(畑野日教/編、明治16年・1883)
閻魔王001
法華経の十王信仰に基づく挿図入りの書物で、初七日から三箇年までの十王を中心とする十王経を説いたもの。日蓮の撰述によるもので、寛文4年(1664)原版の再版本。題辞は、伏見宮邦家親王の第八王女にあたる村雲日栄が法華経の一節である「謗斯経故。獲罪如是。」と揮毫する。

No17「紺紙金字仏説阿弥陀経巻」(江戸時代)
日-書-124-2本紙1
紺紙に金字で書かれた阿弥陀経の写経で、全長は2m50cmを越える。水晶の軸端、金糸で彩られた上品な表具や、金紙の見返しなど、豪華な装丁となっている。
文字一つひとつをとっても、非常に丁寧に書かれており、願文、願主は不明ながら、公卿もしくは名のある書家の手によるものと考えられる。

主な展示品のご紹介

現在準備中です




豊富な拓本で漢字書体の変遷をたどる 書の歴史

  • jyousetu_photo32
  • jyousetu_photo33

本館3階展示室では、おもに当館が収蔵する豊富な拓本類によって、歴代の漢字書体の変遷をたどる展示を行っています。また出土物や硯などの文房具によって中国の文字文化も紹介しています。

文字は、書かれる素材によって様々に変化していきます。中国では、はじめ文字は骨にナイフで刻られていました。それがやがて鋳型を使って 青銅器に鋳込んだり、石に刻みつけるようになります。また、紙のない時代には、竹や木に文字を書くのが一般的でしたが、紙の発明と普及によって、文字は今日のように洗練されたものへと格段に進化しました。
この展示室では、そのような書体の変化をたどりつつ、篆書・隷書・草書・行書・楷書などの各書体を紹介します。

展示品のご紹介

    現在準備中です