観峰館についてABOUT

中国書画を中心に、文物など約2万5千点の収蔵品 書の文化に触れる博物館 観峰館

観峰館は、公益財団法人日本習字教育財団が書道文化の普及を目的に運営する博物館で、「書の文化にふれる博物館」をコンセプトとしています。そのおもな収蔵品は、日本習字創立者の原田観峰が情熱を傾けて収集した2万5千点におよぶ中国近現代書画作品や碑版法帖類ほか、国内外の作家による書画作品や和本類からなる資料など、書の文化を理解する上で非常に貴重なものです。
常設展示では、清朝皇帝が揮毫した額のかかる離宮内部を再現した「避暑山荘展示室」ほか、

実際に拓本をとることのできる「復元石碑」、書体の変遷を紹介する「書の歴史」などで中国書法文化を紹介しています。
平成27年10月オープンの新館特別展示室では、収蔵資料や借用資料による多彩な企画展を開催します。また、中庭を囲む中国建築風のギャラリー「書院展示室」や欧米資料を集めた「西洋アンティーク室」など、見どころが満載です。
書の文化にふれるとともに、さまざまな世界にも出逢える博物館、それが観峰館です。

観峰館概要

施設名称
公益財団法人 日本習字教育財団 観峰館
所在地
〒529-1421 滋賀県東近江市五個荘竜田町136
連絡先
0748-48-4141
設立母体
公益財団法人日本習字教育財団

「正しい美しい愛の習字」 原田観峰について

原田観峰(1911 ~ 1995)

本名は孝太郎、観峰は雅号。明治44年3月21日、福岡県山門郡瀬高町(現みやま市)に生まれる。幼少期より書に親しみ、17歳で上京した後は小学校の代用教員を勤めるかたわら夜学に通うとともに、書の研鑽を積んだ。その後卒業証書や宛名書きなどの筆耕業に従事する一方で、小学生向け新聞を発行するなど教育方面にも関心を持ち、戦後には幼稚園の経営にも携わった。

昭和28年、西日本書道通信学会(公益財団法人日本習字教育財団の前身)の創立を皮切りに、「正しい美しい愛の習字」を基本概念とした教育書道の普及活動を展開。平成7年に亡くなるまで、日本全国と海外の受講者のため、手本執筆と講習会等に奔走し、その生涯を書道教育の普及啓発に奉げた。臨書本『九成宮泉銘』など著書六十数種を刊行している。